スタンダードブックストア心斎橋でトークショーのお知らせ3月24日

  • 2017年3月24日(金)19:30~
    @スタンダードブックストア心斎橋
    イベントへのご参加の前に必ずこちらをご確認下さい。ヴァンソン藤井由実さん、宇都宮浄人さんの共著『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか
    -交通・商業・都市政策を読み解く-』(学芸出版社)の刊行を記念し、お二人をお招きしてのトークショーを開催いたします!イベント詳細は次ページへ➡http://www.standardbookstore.com/archives/66241908.html
  • フランスの地方都市を訪れると、まちなかの賑わいに驚かされます。
    老若男女が思い思いに街歩きを楽しみ、広場に面したカフェで憩う。
    旅行雑誌のグラビアそのままの光景が至るところに見られます。これに対し、日本の地方都市では、駅前にシャッター通りが広がる風景が一般化し、郊外のロードサイドには巨大商業施設が立ち並んでいます。「日本はクルマ社会だから仕方がない」、でしょうか?しかし、30~40年前は、フランスでもまちなかは自家用車で溢れ、教会の周りの広場は駐車場と化し、郊外には大型商業施設が現れ、旧市街の小さな商店の営業は行き詰った時期があったことを知る日本人は少ないのではないでしょうか。

    日本とフランス、同じように「クルマ社会」で、郊外には巨大なショッピングセンターがありますが、このまちなかの違いはどのようにして生まれたのでしょうか。

    フランス各地に在住経験があり、日本各地の自治体にアドバイスをされているヴァンソン藤井由実さんと、「交通まちづくり」というアプローチを提唱されている宇都宮浄人さんをお招きし、日本とフランスの「違い」の理由と、地方都市の「生活の豊かさ」について、語り合っていただきます。

    商業・不動産・自治体関係の方はもちろん、日本の地方都市の現状に関心がある方、フランスのまちと生活に興味がある方にもおすすめのイベントです。

    ◆関連書籍◆

    161031広報用書影『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか』交通・商業・都市政策を読み解く

    日本と同じくクルマ社会で、郊外には巨大なショッピングモールがあるのに、
    なぜフランスの地方都市の中心市街地は活気に溢れ、魅力的なのか。
    「駐車場と化した広場」から「歩いて楽しいまちなか」への変化の背景にある、
    歩行者優先の交通政策、中心市街地と郊外を共存させる商業政策、
    スプロールを防ぐ都市政策を読み解く。

    藻谷浩介氏(『里山資本主義』『和の国富論』)推薦!
    「それってフランスの話だろ?」などと言わず、この本が、綿密な分析により、圧倒的な説得力をもって示す「事実」から真摯に学ぼう。 「ここに日本の地方都市の近未来がある」と気付いたとき、心に希望の灯が点る。

    ■ ヴァンソン藤井由実・宇都宮浄人 著
    ■ A5判・204頁
    ■ 価格:本体2,300円+税
    ■ ISBN:978-4-7615-2636-8
    ■ 発売日:2016/12/01

    ※トークショーの後はサイン会を予定しております。