Monthly Archives: December 2015

クリスマスマーケット・アンジェ市1

  • クリスマスまであと2週末しかない。だからこの土曜日はプレゼントを探すために都心を訪れた人で大変な賑わい。直前の週末は食料の買出しもあるので、商店にとっては活気づくシーズン。
都心の中心広場に設置されたクリスマスマーケットの全貌とLRT

都心の中心広場に設置されたクリスマスマーケットの全貌とLRT

マルシェ〔フランス語のマーケット)の屋台すれすれを走るLRT

マルシェ〔フランス語のマーケット)の屋台すれすれを走るLRT

とにかく人が多い中を、LRTと人が触れるように共存している

とにかく人が多い中を、LRTと人が触れるように共存している

夜が更けるに従って増える人の流れ

夜が更けるに従って増える人の流れ

  • 何度も紹介しているが、フランスの地方都市では世界的な観光拠点を除いては日曜日はすべての店舗は閉店で、街はひっそりとしている。しかし12月13日と20日に日曜日は、どの都市でもお店を開けるところが多い。アンジェ市の場合は、地下駐車場料金は最初の一時間は無料とし、クリスマスマーケットキャンペーンに参加している200の商店のいずれかで買い物をした場合は2時間まで無料になる。日本のデパートが行っていることを、複数の個人商店が連帯協力している形だ。また商店街に一体感を出すために、各店舗先にポセンチアが飾られている。ちなみにこの観葉植物は市役所が提供しており、夏のバカンスシーズンはやはり観光客向けに紫陽花の花が店舗先に飾られ、店の入り口にスペースのある場合には一休み用の長椅子が置かれた。
劇場正面のイリュミネーションをバックに走るLRT

劇場正面のイリュミネーションをバックに走るLRT

DSC03647

ここはマルシェのLRTの駅。期間中(11月28日から12月31日まで)は赤い樽が置かれ、トラムを待つ間、人々はホットワインも飲める、という設定。









Posted in Angers アンジェ市 | Leave a comment

この秋のストラスブール2

  • フランスで昨日11月30日(月)から『世界環境会議COP21』が始まり、152カ国の首相級がパリの北部ブルジェBOURGETに集まった。日本からは安部総理が出席したので、関連ニュースは日本でも報道されていると思うのでここでは省く。29日からパリではブルジェを中心として北部の一部の主幹高速道路等が完全に走行禁止になり、またパリ市内への出勤には出来るだけ車通勤を控えるようにキャンペーンが行われ、すべての公共交通は無料となった。しかし、公共交通は特に混雑することもなく、またパリ環状線の恒例の月曜日の朝の渋滞も普段の11分の1だったようだ。ストなどでパリの交通状況が紛糾することに慣れている市民は、振り替え休暇を取ったり、自宅勤務にするなどして柔軟に対応したようだ。
  • さて、投稿時期が少しずれるが、この秋の終わりのストラスブール風景、その2です。
まちの中心で工事。でもトラムもすぐ隣を頻繁い走っています。

まちの中心で工事。でもトラムもすぐ隣を頻繁に走っています。

トラムが通過するとその重量で優先信号を発信する、地中にある探知システムの修理だそうです。

トラムが通過するとその重量で優先信号を発信する、地中にある探知システムの修理だそうです。

工事の隣の駅では幼稚園児たち

工事の隣の駅では幼稚園児たち

こんなに小さな時から、トラムのチケットキャンセラーを体験します。

こんなに小さな時から、トラムのチケットキャンセラーを体験します。

 

ストラスブール都市共同体が、ストラスブール・メトロポリタンにこの1月から名前が変更。でも市役所の看板はやっと11月に新しくなりました。従来の県の業務も一部譲渡されました。

ストラスブール都市共同体CUSが、ストラスブール・ユーロメトロポールにこの1月から名前が変更。でも市役所の看板はやっと最近新しくなりました。従来の県の業務も一部譲渡されました。

まちでは枯れ葉がどっさりと落ちます。市役所の街路整備課の業務です。ドイツへの延長工事が進むD線の終着駅。ここからドイツまで伸びます。

秋の終わりには枯れ葉がどっさりと落ちます。市役所の街路整備課の業務です。ドイツへの延長工事が進むD線の終着駅。ここからドイツまで運河とライン河を渡ってLRTが伸びます。

  • そしてライン河にかかる架橋工事も運河の橋梁工事も着々と進んでいます。

DSC03289 DSC03306

Posted in 分類無し | Leave a comment