ページを選択

著書

最新著書 2023年5月「フランスのウォーカブルシティ」

最新著書 2023年5月「フランスのウォーカブルシティ」

フランスの街は今、歩く人や自転車で賑わい劇的にウォーカブルに変わっている。なぜ、スピーディにダイナミックに街を変えられるのか?歩行者空間の創出、自動車交通の抑制、自転車道・公共交通の整備、移動のDX等の方法論、制度・組織・実装のしくみを、多数の事例で紹介。15分都市からスマートシティまで、最前線に迫ります。                 2023年6月18日の産経新聞掲載コメントから。「車から歩行者中心へ空間再編 『フランスのウォーカブルシティ』ヴァンソン藤井由実著 フランスの都市風景が様変わりしている。歩行者や自転車の専用空間が急速に拡大し、ウォーカブル(歩ける)な街へと各地で整備が進んでいるという。同国在住で都市政策研究者の著者による、最前線のリポートだ。
特に顕著なのが、来年五輪が開催される首都パリ。以前は車のロータリーと化していたバスチーユ広場も、今では市民の憩いの場に。車中心から歩行者中心へ、主幹道路の空間再編も目立つ。日本と同じく車社会なのに、なぜ短期間で街を変え、交通環境を整えることができたのか。そのノウハウを日本の都市づくりにも生かしたい。(学芸出版社・2970円)

最新の著書

最新著書 2023年5月「フランスのウォーカブルシティ」

フランスの街は今、歩く人や自転車で賑わい劇的にウォーカブルに変わっている。なぜ、スピーディにダイナミックに街を変えられるのか?歩行者空間の創出、自動車交通の抑制、自転車道・公共交通の整備、移動のDX等の方法論、制度・組織・実装のしくみを、多数の事例で紹介。15分都市からスマートシティまで、最前線に迫ります。                 2023年6月18日の産経新聞掲載コメントから。「車から歩行者中心へ空間再編 『フランスのウォーカブルシティ』ヴァンソン藤井由実著 フランスの都市風景が様変わりしている。歩行者や自転車の専用空間が急速に拡大し、ウォーカブル(歩ける)な街へと各地で整備が進んでいるという。同国在住で都市政策研究者の著者による、最前線のリポートだ。
特に顕著なのが、来年五輪が開催される首都パリ。以前は車のロータリーと化していたバスチーユ広場も、今では市民の憩いの場に。車中心から歩行者中心へ、主幹道路の空間再編も目立つ。日本と同じく車社会なのに、なぜ短期間で街を変え、交通環境を整えることができたのか。そのノウハウを日本の都市づくりにも生かしたい。(学芸出版社・2970円)

続きを読む
 

著書に関するすべての記事を読む

最新著書 2023年5月「フランスのウォーカブルシティ」

最新著書 2023年5月「フランスのウォーカブルシティ」

フランスの街は今、歩く人や自転車で賑わい劇的にウォーカブルに変わっている。なぜ、スピーディにダイナミックに街を変えられるのか?歩行者空間の創出、自動車交通の抑制、自転車道・公共交通の整備、移動のDX等の方法論、制度・組織・実装のしくみを、多数の事例で紹介。15分都市からスマートシティまで、最前線に迫ります。                 2023年6月18日の産経新聞掲載コメントから。「車から歩行者中心へ空間再編 『フランスのウォーカブルシティ』ヴァンソン藤井由実著 フランスの都市風景が様変わりしている。歩行者や自転車の専用空間が急速に拡大し、ウォーカブル(歩ける)な街へと各地で整備が進んでいるという。同国在住で都市政策研究者の著者による、最前線のリポートだ。
特に顕著なのが、来年五輪が開催される首都パリ。以前は車のロータリーと化していたバスチーユ広場も、今では市民の憩いの場に。車中心から歩行者中心へ、主幹道路の空間再編も目立つ。日本と同じく車社会なのに、なぜ短期間で街を変え、交通環境を整えることができたのか。そのノウハウを日本の都市づくりにも生かしたい。(学芸出版社・2970円)

続きを読む
「ストラスブールのまちづくり」

「ストラスブールのまちづくり」

ストラスブールは日本の多くの都市と同様に車社会であったが、この30年でトラムの整備や道路交通施策を中心として環境先進都市となり、日本のみならず世界中から視察が絶えない都市となった。本書ではこのストラスブールのまちづくりを紹介している。

続きを読む
「ほんとうのフランスがわかる本」

「ほんとうのフランスがわかる本」

フランス語の正しい翻訳は、ツールバーの日本の国旗ボタンをクリックして、フランス語の欄をお読みください  「ほんとうのフランスがわかる本」原作・Geneviève Brame              翻訳監修・ヴァンソン藤井由実  原書房 2011年2月出版 実用的な情報満載で、かつ教養書としても読めるジュヌヴィーヴ・ブラム原作の「Chez vous en France」の日本語版を翻訳監修しました。在日フランス大使フォール氏と資生堂会長福原義春氏の序文をいただきました。 ...

続きを読む
京都講演レポート

京都講演レポート

京都での講演には150名の皆様のご参加を頂きました。主催者の皆様、お越し頂いた方々、ありがとうございました。懇親会では、京都には LRT がふさわしいという全員一致の認識確認のもと、実現に向けての熱い議論が続きました。写真は京都府中小企業団体中央会会長の渡邊氏と、京都市議長の寺田氏。また NPO 法人KOALA とみやこの電車百人委員会のメンバーの皆様。ありがとうございました!!   主催者チームの池田氏のFBへのご投稿記事より...

続きを読む