ページを選択

France こんにちのフランス

ストラスブール市の新市長は緑の党・38歳の女性。フランスの市長選挙

ストラスブール市の新市長は緑の党・38歳の女性。フランスの市長選挙

6月28日に、3月末の市長選挙で過半数を獲得した候補者がいなかった約4800の市町村で、決戦第二回投票が実施された。フランスには市町村の区別はなく、コミューンと呼ばれる最小の行政単位が35000あるが、人口1万人以下のコミューンが半数を占める。人口が215万のパリ(首都圏は約1300万人)も、人口が1000人の村もすべてコミューンと呼ばれる。...

続きを読む
「バカンスなんてうんざり」とフランスのニュースで紹介された日本の10連休

「バカンスなんてうんざり」とフランスのニュースで紹介された日本の10連休

この頁の写真は、フランステレビ・FRANCE2の画面を撮影したものです。 (参考までに・フランスTV2チャンネルでは、昼、夜のニュースのメインキャスターは女性一人。週末やバカンスには、交代で男性のキャスターが入ることもある。日本のように、男性+女性という2人体制ではない。)...

続きを読む

新著のご紹介「フランスではなぜ子育て世代が地方に移住するのか」3月27日発刊

[:ja] 本日、学芸出版社のホームページでご案内が出ました、4月1日発売予定の新著のご案内です。是非、周りの方がたにもお知らせください!!以下の頁で目次全体と「はじめに」をお読みいただけます。 http://book.gakugei-pub.co.jp/mokuroku/book/ISBN978-4-7615-2701-3.htm...

続きを読む
4月16日東京講演(日建設計ホール)

4月16日東京講演(日建設計ホール)

4月16日はどなたでもご参加できますので、皆様とお会いできますことを楽しみにしています。フランスの交通まちづくりの新しい動きを、まちの賑わいの映像と共にお届けできれば、と思います。 PDFでのお知らせはこちらから NSRIフォーラム案内_2018_4月16日(月 日建設計フォーラムHPのお知らせはこちらから http://www.nikken-ri.com/forum/  ...

続きを読む
TGVの観光推進ツール、ユーロも。

TGVの観光推進ツール、ユーロも。

[:ja] 最近TGVの座席に、AIR LINEの広報誌のような「旅へのお誘い」パンフレットが置かれるようになった。内容はTGVや欧州のほかの国の高速鉄道を乗り継いで行ける都市や観光地の案内が多いが、サッカー・ユーロが始まってからは下の写真のようなパンプレットで、TGVで廻れる競技場を紹介している。 TGVで廻りましょう、ユーロ試合がある競技場。それぞれの都市の観光案内もしっかりと紹介されている。...

続きを読む
3月のカーニバル

3月のカーニバル

前回に紹介したフランス西海岸都市ブレストの南部、BRTが走っているロリヨンの北東部に野生鳥類保護区域に指定されているBRIERE国立公園がある。地域全体が沼地で、中でも海水を含んでいる拠点では有名なゲランドの塩も精製されている。http://en.ot-guerande.fr/ この地方にはわらぶき屋根の田舎屋が、観光目的もあり比較的良好な状態で保たれた村が残っている。沼地に茂っているすすきに良く似たわらを干している風景も見られる。 中にはB&Bとして住まいの一部を提供している家もある。...

続きを読む

カテゴリー