日本都市計画学会誌で拙著をご紹介頂きました(2017年3月号)

  • 日本都市計画学会誌で、東京大学大学院工学系研究家教授の原田昇教授が、『フランスの地方都市にはなぜシャッター通りがないのか』をご紹介する長文の文章を執筆してくださいました。

PDFはこちらから。170307都市計画66-2.p98

  • 私はカウントしたことがないですが、「本文B5版203頁、図150個、表14個。記述の根拠等を示す脚注は269個に及ぶ。」だそうです!原田先生には、かつて『ストラスブールのまちづくり』の土木学会文化出版賞記念ミニセミナーも主催していただき、前著についで、このたびも素晴らしいコメントをいただき、感激しています。拙著のご紹介文掲載にご尽力いただきました先生方に、御礼を申し上げます。ありがとうございました。

1


This entry was posted in Media メディアで紹介された記事. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です